萬斎さぁんヽ(*^^*)ノ

本日は、天気にも恵まれ、午前11時20分に母とY田さんをJR博多駅まで迎えに行き、
お弁当、ビールを買ってまずはJRで都府楼南まで行く。その後ローカルバスに乗り換えて(こぶりの西鉄バス。女性運転手さんが乗ってて可愛いの〜♪)太宰府政庁跡までGO!13時開場だったので、到着したのが12:20分頃。だけど結構並んでいた。母が用意して来た簡易椅子を出して余裕の待機。椅子って便利だな〜。西ブロック東ブロックでA~Fまである中の私たちは東Dブロック。入場開始になり、ブロックに向かうと良い塩梅の席を確保できた。建物の跡(政庁跡だね)らしき縁に母持参のシートとクッションを置き、そこに腰掛ける形になって丁度良い。靴も脱いでリラックスして観れるというのは贅沢だね〜。開演は15時からなので、お弁当を食べる。かしわごはんが美味しいよ〜。モグモグ食べながら、今は11月だよな〜・・・といぶかしむ。・・・というのが、暑いのです。なんだ〜?この小春日和は〜!?ぽかぽかと気持ちよいのが、どんどん西日が差し込みだすとどんどん暑く肌に刺激を与えてくる・・・つ、辛い(-。−;)
早く開演しないかな〜・・・とボヘラ〜としつつも、入場時に渡された水干と烏帽子を早速着てみる・・・。暑い(-。−;) ブロック毎に色の違う水干と烏帽子で、赤、白、ピンクとなっている。私たちは白。白装束にしか見えないやん〜、とブーイング。赤が一番可愛いよ〜。とひとしきり三人で文句を行った後、結局は「ま、白もいいやんね〜ヽ(*^^*)ノ」となる。ははは(^▽^;)
会場全体が嬉々としてこれらを羽織っていると、場内アナウンス。
「祭主(萬斎さん)の指示が出る迄は、羽織らないで下さい。みなさん脱いで下さい〜」だって(笑)
みんな笑いながら脱いで、開演を待つ。いよいよ開演し、萬斎さんが登場すると、やはり私たちの気の早さをご指摘された・・・♪
それにしても、萬斎さんって、やっぱり可愛い♪♪♪♪♪・・・いや、じゃなくて〜・・・人を惹き込む事の才能が長けているってゆうか、すごい。多分すごい人数の観客がいる中で、あっという間にその観衆を一つに出来るのって天性じゃないのか?って思った。初心者にも入り込みやすい形で狂言の世界へ誘ってゆく。1時間半萬斎ワールドをしっかり堪能して政庁跡を後にした。
観劇中、コンタクトに睫毛が入り込んだせいでずっと目が痛くて、家に帰って早速外したらやっぱり睫毛が入っていた・・・お陰ですごい頭痛。21時のJRに乗って帰るというので、それまで我が家でテレビ等観て歓談。実は結構朦朧としていたけど、我慢。お母さん達だってすごい疲れてるんだもん。博多駅まで歩いて行くって言うので、マンション玄関までお見送り。元気なお母さん達はニコニコして帰っていきました。私はあまりの頭痛と、ついでに胃もむかむかしてきたので、お風呂にも入らずベッドに直行。あぁ、辛い・・・。
[PR]
by berrypafe | 2004-11-06 10:14 | 日記