肥前鹿島まで

今日、友達の出産祝いの為にJRに揺られて鹿島迄行って来た。
特急列車で1時間はやはり遠いかも(・・;)
だけど、なんだかプチ旅行な気分で田園風景を眺めながら、なんだかリラックス
できたかんじ。
友達が住んでいるアパートは、1軒平屋建てになっていて、田んぼが周りを囲む
丘の上にあった。今日はものすごく良い天気で、ものすごく照りついて暑い日だった
んだけど、風が良く吹いていて、友達の家の洗濯物が気持ち良さげにハタハタして
いるのを見てさらに癒される。車さえあれば、静かで空気もおいしくて良いところ
だね〜。
築2年の3LDKのアパートはとっても綺麗で、すんごく居心地の良い家だった♪
友達はものすごく料理の上手な子で、今日は「簡単すぎる料理で悪いんだけど」
と言いながら、カレーライス、カボチャサラダ、コンソメオニオンスープをよそって
くれた・・・。良い嫁じゃ〜(。>0<。)

そして待望の赤ちゃんに対面☆
メッチャメチャ可愛い☆
手のひらは小ちゃくて、ぷにぷにと柔らかくて、とても気持ちが良い☆
今日は「ねこかぶってる」らしく、終始ご機嫌良かった。
だけど、すんごい笑えるのが、赤ちゃんって「ホース」みたいだね!
だって、お母さんのおっぱいをごくごく飲みながらそのまま外へ排泄するんだもん。
おむつの交換とかもサッサッと手慣れた感じでやってるからすごい!て感心。

私が車を持っていれば、出産祝いは紙おむついっぱい買っていけたのになぁ〜。
赤ちゃん本舗で離乳食調理器のグッズを選んで贈ったのでした。
(それにしても赤ちゃん本舗に行ったら、赤ちゃんグッズの品数に吃驚!
初めて来店したけど、すごい品数あるから、すごい悩む☆)

友達へしきりに出産の時の感想を聞く。
「怒濤の時間を通り過ごして来た」
とのこと。痛いってもんじゃないよ!っていうから、
「痛いってもんじゃないってどうゆうことよ!」と震えながらもいろいろ質問。
女性ってすごいね。
あぁ、アタシにも子供を生む縁がまわってきたとき、その苦痛を乗り越える自信
はマイナス100は超えてるね。
・・・そのまえに、誰かと同じ家の中に住むっていうところから厳しい。
週末婚が私には向いていると考えられます・・・・・・とか、私の意見はさておき、
すんごいマッタリとした時間を過ごしてしまった。
夜ご飯のお誘いも受けたけど、
やっぱり、遅くなると申し訳ないので、今回は遠慮して駅まで送ってもらいました。

この肥前鹿島駅、すごいノ〜ンビリしててマッタリしてるから、ホント和む・・・。
明日の仕事の事とか考えるのを一休みして、気持ちよく博多駅まで列車に揺られて
帰宅。

帰宅すると、ハルちゃん先生が異様に甘えて来て、膝の上に乗って大音量の
「ゴロゴロ」を鳴らして私の指をチューチューおしゃぶり。
(⌒▽⌒)アハハ! 愛いやつよのぉ。
ユイ君は、そんな私たちを(食べ物欲しいと言わんばかりの目つきで)じっと
眺めていました。
[PR]
by berrypafe | 2005-07-16 22:44 | おでかけ