救急車

帰宅したら、マンションの前に救急車が停まってた。
誰かを乗せた後らしく、その後サイレンを鳴らして国道に出ようとした。
・・・のに、誰も停まらない。
速度は遅くしているものの、自分は先に・・・みたいなかんじで、
譲ろうとしない。
サイレンがイライラとして高い音を出す。
救急員がスピーカーから注意している。
それでも、停まろうとしない。
救急車もゆるゆるとではあるけれど、強引に道路に出た。
それでも、通り過ぎようとする車がいる。
車の動きがようやく停まったのは、信号が赤になってからだ。

馬鹿じゃないの、アンタタチ・・・怒りでいっぱいになった。
サイレンの意味がわからないなんて。

だいたい、九州人は、長崎もそうだけど、車同士の「ゆずり合い」が
本当に欠けている地域であるけど、
よもや救急車にまで・・・。

終わってるよ、九州人・・・
と、本気で思う夜。
[PR]
by berrypafe | 2005-07-26 22:48 | 日記