え〜!?もう??

11月ですね〜。吃驚。
1年の過ぎ行くのは早うございまする・・・。

ちょっと久しぶりな日記。

郵便局になかなか行けてない。
よぉし、明日こそ必ずいくぞ。

日記が書けていないこの数日。
ちょっとしたトラブルが発生した数日。
仕事ではなくて・・・。
人間関係で・・・(・・;)
しかも、金銭トラブル!?

・・・なんだかね〜。
金額は3500円。
その金額が安いとか、高いとか、そんな事ではなくて。

事の発端は、8月の給与前の宴会。
私はお金がなくて、参加を断ったんだけど、
幹事のYちゃんに、参加料を貸してくれたら参加してもいいよって言った。
もちろん、YちゃんはOKしてくれた。

でも、女の子からお金借りるなんて・・・。
ちょっと恥ずかしかった私は、Mパパにお願いした。
Mパパは、給与日当日に返してくれたらいいよ、でOKもらった。

宴会当日。私は、Mパパが立て替えてくれたと思っていた。
給与日、Mパパに3500円返した。
それで終わった・・・て思ってた。

だけど、先日の日曜日。
朝出勤してYちゃんに「おはよう♪」って声を掛けたら・・・。

Aちゃんと私のところに来てこう言った。
「8月の飲み会の時のお金、べりさんだけ払ってもらってないんで、
 もらっていいですか?」
・・・この質問に関してはOK。私も「え!?」と、吃驚なって、
「私、Mパパに返したよ・・・3500円」
「あのとき、Mパパが1万円出したから、私、べりさんの分は払いますから
 いいですよ、って言って一人分しか貰わなかったんです。」
・・・これもOK。私も、「え!?嘘・・・」ってなった。
そんなことになっていたなんて知らなかった(もしくは忘れていた?)から。
頭がパニックになりかけてた。
「みんなで、8月の飲み会の話になって、べりさんからお金もらってないって
 なったんですよ」
 ・・・ここから、ちょっと「?」私もYちゃんに言った。
 「私、あのときのお金、Mパパに出してもらっていたって思っていたから、
  先ずはMパパに確認してからでもいいかな?・・」
て言うと、Yちゃんの顔が少しムッとなって、
「それって他の時に払ったんじゃないですか?あのときのは私が払ってますから!
 Mパパも知ってますよ!みんなも知ってるし」
・・・ここで「みんなも」という言葉に少しひっかかる。
「うん、そっか。だけど、私もずっとMパパに払ってるって思っていたから・・・」
と言うと、
「このまえ、みんなと話してて、べりさんからお金貰ってないってなって、この
 ことはみんなも知ってますから!ね、Aちゃん!」
 と、隣に居たAちゃんに振った。振られたAちゃん、ぎこちない返事。
「う、うん(・・;)」

私は、がーんと来た。
確かに、事の発端はお金を借りた私が悪い。
このような事になってしまったのも、私の責任だ。

だけど、この会話は、周りにも人が居る所でやられた。
数人は私をチラと見た。
私は、記憶にどうしてもよみがえって来ないから(もともと忘れっぽい)
じゃぁ、Mパパに払った3500円ってなんなんだろう?となって、
やっぱり確認取りたかったから、待ってもらう様に言った。

だけど、その後、あんまりショックで、しかも、とても大好きなYちゃんに
言われたから、ものすごくショックで、実はずっと何ヶ月もそんなこと
考えていたのか・・・て思うとすごくショックで、朝礼のときの発声練習
のときも、ショックから立ち直れなくて、その後、席についても立ち直れ
なくて、とりあえず、なんか、私、悪者になってる・・・て思ったから、
そのとき3000円しか所持金なかったんで、同僚に500円借りて(この
500円はもちろん返金済み)、Yちゃんに3500円持って行った。
「私、てっきりMパパに払ったのが8月の飲み会って思っていたから・・・、
 だけど、そうなら払っておくね・・・だけど、私、ワザと払ってないとか、
 そんなんじゃないから・・・」
そしたら、Yちゃん、
「ええ、でも、Mパパにも話したし、みんなも知ってる事なんで。」
って言われた。
席に戻って仕事を始めたけど、ものすごくみじめで、泣きそうになって、
もうずっと俯いてしまった。
私、確かに忘れっぽいから、払ってなかったのかもしれないけど、
でも、そんな言い方ないんじゃない?みんな知ってるって・・・、
何?そのみんなって!?
なんか、もう帰りたくて仕方なかったし、その日はYちゃんの顔をまともに
見れなくなって、ずっと避けてしまった。
Mパパは、この日はお休みだったので、メールしたら、私からお金を貰った
のは憶えているけど、どの飲み会のか憶えていないって回答が返信されて
きた。・・・後日、もう一度直接尋ねてみたけど、憶えてないって回答だった。

「みんなが知ってる」
「私がYちゃんにお金を払ってないことをみんなが知っている」

あまりにも私に打撃を与えた言葉。

そんな言い方でなくて、「お金、あのとき私が払っていたんですよ?Mパパに
確認してからでいいですよ」って事だったら、Mパパが憶えていない。って
言った時点で、あぁ、私、忘れていたんだな〜。Yちゃん、悪かったなぁ〜。
てなって、きっと彼女に
「ごめんね〜、遅くなって!」と言って、素直に謝って、お金返して、
いつも通りに出来たかもしれない。

だけど、「みんな」「ね、Aちゃん!」て言葉があまりにも深く突き刺さって
しまって、まだ、立ち直れてません。

だから、Yちゃんと喋れてません。

だから、Yちゃんと、私の間には溝が出来てしまっちゃった。

なんか、ホント、子どもの喧嘩だなぁ。

でも、やっぱり、お金って怖いね。
[PR]
by berrypafe | 2005-11-01 23:03 | 仕事