猫白血病

仕事が終わって携帯を見たら妹から着信。
お腹の赤ちゃんの話かな?
((o(^-^)o))わくわくして電話。
音楽を聴いている時、ラジオを聴いている時に、
いきなりグルグル動き出したりするんだって!
うわ〜★
感動しながら妹の話を聞く。
だけど、妹元気が無い。
きついのかな〜。
また太ったって聞いたし。
「散歩とかして身体動かさないと出産の時辛いよ」
と、未経験者がアドバイスする(・・;)

だけど、妹のきつそうな声はそんなことじゃなかった。

くーちゃんが白血病に感染してしまったんだって。
昨日の朝からご飯食べなくなって、今朝病院に連れて行ったら
感染しているって言われたって。

なんと言えばいいのか・・。
ユイとハルをすぐに思う。
妹が落胆している。
お母さんは、どうしてるんだろう?
お母さんは仕事からまだ帰って来てないって妹が言った。
数年前、茶々丸が亡くなって、かなり落胆していたけど、
くーちゃんがいたからまだ頑張っていれた。
だけど、くーちゃんが居なくなったら・・・。
お母さんの事がものすごく不安。
だけど、今日はお母さんと話せない。
話さない方が良い。
今日は、お母さんのベッドの上で丸くなって寝ているくーちゃんを
抱きしめてあげる事が優先だ。

落胆している妹に、「元気出そうよ」
って言わなかった。妹にも、そんな台詞言えないって伝えた。
妹の旦那は、周りが元気ださなきゃ、くーちゃんに死神が近づくぞ!
と言って、妹を一生懸命元気にしようとしたんだって。
・・・でも、そうだ。
くーちゃんの前では、やっぱり明るいみんなの笑顔を見せたい。
みんなで暗い顔や泣きそうな顔して接したくないよね。

そうなんだよ・・・。
だけど、今日の今日は、無理だよ・・・。
先ずは、現実を受け止めなくちゃいけないんだもんね・・・。

妹に励ましの言葉もかけれずに終話。

でも、やっぱり、くーちゃんの事は悲しいけど、
その熱の度合いは、一緒に暮らしている妹やお母さん達とは違う。

そんな私の熱の低さがやっぱり寂しい。

私だって、くーちゃんの事、好きなのに。

だけど、なんとなく、第三者的な私の気持ちでもあるのだ。
[PR]
by berrypafe | 2005-11-02 22:38 | ねこ