ゲド戦記

8/8に会社の同僚と観に行った感想を。

13時待ち合わせで最初にムーミンベーカリーでいつものランチ。
今日は、パンをあまり摂取しないように気をつけて、
ユナイテッド福岡へ。
生ビール買って、真ん中の首の痛くならない位置を確保♪
同僚からキャラメルコーンをお裾分けしてもらうヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪

観る前に酷評が多い映画だったから、
それなりに覚悟をして観たら、

私は好きな映画だった。

【声】
断然「クモ」役の田中裕子さんがものすごく良かった!
葵ちゃんの事かなり心配していたけど、心配しすぎたせいか、
問題なかった(笑)
岡田クンは、演技も上手いし声も渋くていいんだけど、
その声はもっと成長したアレンの声であててほしかったです。
あとは、ウサギ役の香川さん、良かったです(*´∇`*)
なんといっても「利家とまつ」での秀吉役。演技力バッチシ♪なんで
すごい聞いててワクワクしてました。ウフフ♪
文太さんは、やっぱりサムライジャックの「アックー」をやってるだけ
あって、自然な話し振りがとても聞きやすかったです。
ただ、アックーのイメージが強いので(笑)、
ちょっと他の人の声のハイタカを聞きたいと感じたりもしました。エヘヘ。

【絵】
懐かしかった。世界名作劇場を思い出した。
嫌いな絵じゃなかった。
ゴテゴテした絵でないから、みやすかった。
テルーの走り方がとても気に入った。

(追記8/12)
実は、私がいちばん好きだったのは、アレンの怯えた表情なんです。
原作の「ナウシカ」を思い起こさせる表情で、
あの表情がアレンの内なる感情をよく表しています。
すごく伝わるものがあってよかった。

【ストーリー】
原作読んでなくて良かったと思った。
だって、原作を全部揃えて読みたい!って思ったんだもん。
この物語に対する興味を充分に沸かせてくれた映画だから、
やっぱり私たちに何かを伝えている役割は果たしていると感じた。
私は、この映画を観て、
「あぁ、これから旅がはじまるんだね〜」
という、物語をまとめた映画というより、今から歩み出す物語と解釈した。
・竜の共食い
・世界の均衡
こんなことを細かくやって解決求めたら、映画1本無理だって。
ゲド戦記1/2/3
なんて、続き物にしなくちゃ無理だよ(笑)

前回の「ハウル」のときなんて、原作知ってて大好きだったから、
映画観たとき「ぶち壊された!」と私はかなり怒りまくってたもの。
今では、別物語と解釈して好きになったけど(笑)

少し話はそれたけど、
私はもう1回、ゲド戦記観に行ってもイイって思った。
唐突な部分とかもあるけど、不愉快にはならなかった。

10代の子達に観て欲しい映画だな〜って思った。

という事で私の中では満足な映画でしたヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪

今後も吾朗さんが何か映画作ったら、私は観たい。
[PR]
by berrypafe | 2006-08-10 23:07 | 映画