懐かしい顔ぶれ

結局、あんなに颱風を警戒していた割に何事もなかったです。
普通の雨が降ってるくらい。

朝9時半にホテルに到着。
ヘアメイクとフルメイクお願いして10時半に完了。
何でもひとまかせっていうのはホントに楽でありがたいです(*´∇`*)

11時に後輩と合流。
11時15分の挙式に出席。
用意された席に対し人が多すぎて、立ち見状態。

社長(父親)が花嫁のCちゃん(娘)と一緒にバージンロードを歩いて来る。
ものすごい社長が緊張しているのが伝わって来る。
何年振りかで見た社長はなんだか痩せたみたい。
そして、新郎と花嫁が一緒になって列席者から上にある祭壇のところへ
階段を登る。
この夫婦、メッチャそっくりなんだよね♪
すんごい可愛い夫婦o(*^▽^*)o
外人の大袈裟な司会にまた苦笑を禁じ得ません。
私が将来結婚式やることがあったら、絶対にチャペルの挙式はやらないと
また強く確信しました。
もしも形式張って同じ長い時間過ごすなら神式の方が良いかもね。
挙式の後、社長が来て、深々と頭を下げて御礼をいってくれました。
あ〜、なんか社長、お父さんやってるな〜って微笑ましかったです。

その後受付に行く。受付の近くにある椅子の周辺に、元同僚達がいた。
今回会社の同僚として呼ばれているのは私含めて女性3人と男性7人。

実は、この女性の中に、とっても嫌いなあの「癌子」が含まれているのです。
(私のすっごい昔の日記を知っている人は覚えていますか?)
何故彼女も披露宴に呼ばれているかというと、彼女は来年結婚するんだ
けど、その披露宴に社長とCちゃんを招待するからだそうです。
彼女も同僚の中に混じっていました。
・・・とりあえず挨拶(^▽^;)
もちろん話が弾むハズはなく・・・。
そそくさと、別同僚達に挨拶するけど、何故かみんなテンション低っ。
つまらないので後輩と2人で出席者控え室に行き癌子と離れる。
そして不安な座席の配置を見ると、私と後輩の間に癌子の名前が載ってる!
ΣΣ┏(_□_:)┓iii
2人で、顔を見合わせながら「披露宴の間、どう「間」を持たせるの〜?」
とかなり不安。いや、話す事ないんだけど!
話す事ないけど、話さなきゃ行けない・・・。
なんか、披露宴始まるのが嫌になってきた・・・。( ̄Д ̄;;

憂鬱になり、癌子もちょっと不機嫌オーラ出してるから嫌だな〜とか思って
いたけど、同じテーブルに座ったオジサンが私たちに
「お嬢ちゃん達」を連発するので苦笑してしまう。
そして、なんとなく披露宴の華々しい雰囲気の中で3人、無事に数時間を
乗り過ごす事が出来ました〜。ホントよかった(゜ー゜;A

披露宴ですごい感動したのは、まず始めに同僚のスピーチ。
会社の代表でスピーチしたT君は32歳なのに、ものすごくしっかりと落ち着いた、
とっても良いスピーチをしていました。あんまりにも素晴らしかったので、
みんなの目がキラキラしてました。
私って普段はよく喋るけど、こうゆう席では頭が真っ白になって何も話せない
から、カンニングペーパーも持たずにしっかりと話しているT君を大変男前だと
感じ、なんか、会社の誇りになるね〜(てゆうか私は既に転職してるけど:笑)
と安心。
余興でFっちーが「乾杯」を歌ったけどすごい上手だった。
始めは福山雅治のミルクティー歌う予定だったらしいけど、
新郎は背が小さかったから歌わなくてよかったかも(笑)

年配の人もいるからってことでの選曲、大人ですね〜。

新郎新婦のフォトライブラリーみたいのが流れるけど、2人とも赤ちゃんの頃
からとっても可愛い♪
なかなかよいDVDでした。
こうゆう想い出づくりの作品って素敵だなぁ。

そして、余興も終わり、新婦のスピーチの時。
新婦側は父親の存在が強いから、文章の中でも父親宛のメッセージが
多く、社長の性格とか、家庭の事を知っているからこそ、Cちゃんがメッセージ
読んでるとき、半数以上の社員・元社員、目頭に熱い物がこみあげてきてしま
いました。ちゃんと、お父さんに「ありがとう」って言えてるCちゃんがすごい
可愛かった。ホント、あんな社長(お父さん)の元に育った割に素直で良い子
に育ったよね・・・と気持ちは母親の気分。
私の隣のテーブル席に居たFっちーも、父親の気分でジーンときてました。

「Fっちーも自分の結婚式の事なんか思い出した?」
「 ? いいや。」
・・・ておいっ!

まぁ、そんなもんなのかなぁ。

その後披露宴が終わり、会社の人達みんなで久しぶりの再会を喜んで
記念撮影会♪
そのとき口々に言われた事、
「べりさん、すっごい痩せたんじゃないんですか?」
「どうしたんですか?」
・・・て・・・ちょっと!
私、そんなに肥ってたのぉ!?
てゆうか、前の会社を辞める時より今の方が3キロも肥ってしまって
いるんですが?
何なの?その驚きは?
まず最初のショック。

そして、みんな結婚してるもんだから、みんなが口々に私に向かって
結婚しなくちゃ!と責め立てるし!
チキショー。
と思っていれば、
「結婚なんてしなくてもイイすよ」
と言い出すヤツもいる。
チェ〜、1回でも経験しておけば言えれる台詞ですよねぇ。

その後、Cちゃんのお母さんがやってきて、
「ほらほら、次はべりさんが結婚しなくちゃいけないから、娘のブーケ
 取りに行ってきなさい」との事・・・トホホ。
ブーケトスの時、みんなが後ろで「前に行け」と言う物だから、
とりあえず行ったけどまぁ、ブーケはキャッチできませんでした。

その後、ホテルを出、2次会会場に向かう。
2次会から参加予定のチッチの変わりに記念品を後輩と一緒に
見立てて買う。
アフタヌーンティーのフォトスタンドと置き時計。

バスに乗って大名に行く迄にすごい渋滞。
結局パーティー開始時間を1時間を越える勢いで到着。
そしてチッチが大名で迷子になり、タクシーの運転手に赤坂に
降ろされてしまうという訳の分からない事態に。
一人、パーティー会場から抜けて、テムジンの横でチッチを待つ。
結局チッチを2次会場に連れて来たのがパーティー終了30分切った
ところ。外にあるソファに座らせこっそりビール持って来てあげる。

2次会が終わった後、3次会でカラオケへ。
だけど、私と後輩とチッチは存分に歌いたかったから、こっそりと
別の部屋を取って歌う。
その後Fっちーも合流して歌う事3時間。

そして、カラオケ終わった後、ラーメン食べたい・・となり、
すぐ隣にあったラーメン屋さんへ。
私は「黒味噌ラーメン」に惹かれて注文。
a0001668_2015095.jpg


スープを一口すすった瞬間思わず大きな声で
「何これ!この味!」と叫んでしまった( ̄Д ̄;;
・・・・・ぶっちゃけ( ̄‥ ̄;) マ、マズイ・・

結局、ラーメンをちまちまと食べつつ話題は私の今後の恋愛への姿勢に
ついての指導を受ける事に・・・。

ここから「ぶっちゃけ」トークをFっちーが炸裂しまくる。
ちなみにFっちーは、かなり男前な九州男児です。
そんなFっちーが私に言い放ちます。
「べりさんは、<一人で生きて行ける>オーラをバンバンだしているんだよ!
 そこを変えてね、女の子らしさを見せるといいんだよ!」
「女も30代を過ぎると、行動を取る時に最初にいろいろ考えて引いてしまう
 から思い切って甘えたりとか、考え無しにつっこんでいけないからダメなん
 だよ!いろいろ考えずに感情を表にもっと出して、本音を出すといいんだよ」
とかなり熱いトーク。
そんな話を延々として、恋愛談義もやっと終わったかとホッとした矢先、
最後のFっちーの炸裂トーク。

「ぶっちゃけ、今日べりさん久しぶりに披露宴会場でみたとき、
 おお!?どうしたん、シワがめっちゃ増えてるって思った。
 今の方が全然いいよ、今全然シワない!」
・・・て、4次会に流れるまでにすっかり化粧崩れしているのに、崩れている
 ときのがいいんですね・・・てか、確かに普段やらないしっかりメークをした
から、ホント、シワがクッキリ出ている事は気付いたけど、
男ってよくみてるよね・・・。

「あぁ、私も若くないのよぅ〜!」
とラーメン屋さんで半べそかいた私。
後輩はまだまだ肌も若いからFっちーがまた言う。
「お前はまだ何も考えんでいいが、30過ぎたべりさんは考えんといかん」
・・・てコラー!

まぁ、そんなFっちーですが、
「べりさん、どんな男が好きなん?」
と言ったとき、
「私、男気のある人が好き。Fっちーみたいな人好きよ。」
と返したら、タバコ落としてました(笑)
すごい面白かった。

そんな懐かしい同窓会を過ごし帰宅。
あ〜楽しかった〜。
[PR]
by berrypafe | 2006-08-19 15:58 | 日記