颱風一過

朝玄関を出ると、すごいゴミが散らばっている!
昨夜の強風は、一体どこからこんなゴミを運んで来たんだろう。
外に出て通勤途中、植木が根っこからもぎ取られた様にしてなぎ倒しになっている。
すごいなぁ。改めて昨日の颱風のすごさを実感。

実家の母の家ではほぼ24時間停電が続いたとの事。
しかも、実家の上に建つ家の瓦が飛んで来てサンルームのサッシと
屋根の瓦を7〜8枚割ったらしい。こ、怖い( ̄Д ̄;;
今日、上の家の人がやってきて家の修繕と瓦や割れたサンルームの窓ガラスとか
サッシの弁償してくれると言ってくれたらしい。
母も素直にお願いしていた。良いお隣さんだなぁ。
窓が割れた話を聞いて、少々ゾッとした私。
昨日、リビングの窓の側に私もユイもゴロンとしていたから。
もし割れていたら大惨事になっていたよね・・・。ドキドキ。

******************************************

今日、会社の喫煙室から近くの公園を眺めていると、
公園に住み着いている浮浪者のオジサンが救急車で運ばれているのを目撃!
このオジサン、猫と一緒に暮らしてるんだよね。
青いシートをテントにして猫と一緒に暮らしてるんだけど、相棒の猫は、
倒れているオジサンの近くに置いてある原チャリの上で、担架に運ばれるオジサン
をじっとみていた。
ここの公園は毎日人が集う場所だし、お昼ゴハンの時間は、結構みんな
お弁当を猫にお裾分けなんてしてるから、食いぶちには困らないと思うけど、
オジサン居なくなって寂しくなるんじゃないかな・・・?

それにしても、救急車を呼んでずっと待っていた通りすがりのお兄さん、と、
近くの工事現場からやってきたお兄さん数人、浮浪者のオジサンが救急車に
乗り込むまで最後まで付き添っていた。
優しい人達だなぁ。
[PR]
by berrypafe | 2006-09-18 23:57 | 日記