喪失

日記を更新しなかった期間に色んなことがありました。

正直、今ちょっと心身喪失・・・(-_-;)

店長への不満が頂点に達し、もういつでも爆発出来る状況になってしまったので、
「これじゃ、円滑、円満に仕事が出来ない!」
となり、仕事における不満を話し合いたいと店長に提案し、13日の日に3人で
話し合いをしました。

21時半からミーティングは始まり、終わったのが23時20分頃。
前半の店長は、私達2人が話すことを斜に構えて歪んだ笑いを見せ
ながら聞いていた。
しかも、最初の段階で、
「人間関係について、店長とうまく連携を取れない」
と私が言い、仕事において、どのように困ったかを例題あげて話すと、
「それは、べりさんが考えていることでしょ?こうゆうことはね、店長と副店長
だけで話すべき。K君を中に挟むべきでない」
とノタマウ。
「チームワークを強化する際、3人の信頼、協力、配慮等がなければ、事は
先に進まないんですよ。店長と副店長だけで解決する問題ではないんですよ」
「(フッ、とさも小馬鹿にした笑いを口に出しながら)あのねぇ~、人間関係をよく
するコトって言うのは、こうゆう時間や場所(13日のミーティングのこと)をワザワザ
作る事じゃなくて~、自然にしていれば・・・」
「へ~、自然にしていたら・・・悪くなりましたよね?」
「・・・・・」

・・・と、全く2人の話に聞く耳持たず、挙句、私だけが不満を持っていると思って
いる。
んで、結局、K君が、自分も店長と話がかみあわず、コミュニケーションが取れ
ないと言ったら!
ものすごいショックな顔してました・・・。

でも、私とK君は挫けず、店長とわかりあって、よりよい環境を作って、3人で
頑張って行きたい!という意思表示を辛抱強く、何度も同じことを店長に伝え
ました。

んで、どんどん後半(22:30を過ぎてからようやっと!)から、私達の話を
じーっと聞くようになりました。

ただ、私、店長にどうしても言いたい事があったので、ウ○ンディーズが閉店する
前に、Mさんの話を出しました。

・・・というのが、Mさん(以前の日記で書いた困ったちゃんの子ですが)は、
試用期間3ヵ月後の正社員登用をしない、という会社の方針で、店長が解雇予告
をするコトになったんだけど、その予告の仕方が最悪だった。
それは、店長とMさんが終業後に、突然、店長が、
「自分の仕事が終わったら、(店長のところに)戻ってきて」
といい、Mさんが戻ってくると、目の前に封筒をおいて、そっけなく指差しして
「それ開けて」
といい、
「内容は僕も知らないけど、会社の業績悪化で正社員登用が出来ないので、
解雇になる」
的な事を事務的にササッと言ったらしい。

Mさん、突然の事でポカーン・・・としていると、
「本当は契約更新が23日だけど、突然だから、8月15日迄(給与〆日)働いて
いいよ。どうするか明日までに決めてきて」

と言う始末。
Mさんも、「明日までに決めれません!」
と言ったものの、翌々日に店長が言った言葉が、
「8月の勤務表を急いで作りたいから、早く決めてよ」
だった・・・。

この話をMさんから、聞いたとき、
(しかも、このやりとりがあった後もMさんは頑張って笑顔で通常出勤してきた)
私が一番激昂してしまい、絶対このことは話さなきゃ!と思っていたので、
このことが、「人として、あまりにも配慮の無さすぎる対応」「無神経にも
程がある!」と、私の本音を言いました。

店長、かなりこたえたみたいで、最後は
「うん・・・うん・・・、2人の言いたい事はわかったよ・・・」
という言葉で幕を閉じました。


私は、店長にもじっくり考えて欲しいから、ミーティングの日を店長が2連休
取っている前日をあえて提案していたので、ショックを収めると同時に、色々
考えてくれたらなぁ~って思っていたんですが、
翌日、店長に相談しなくてはいけないことがあったので電話すると留守電。

私には、休みの日でも何かあればすぐに連絡取れるようにしといてよ、
と言ったクセに、店長、電話に出ない。

数時間後に連絡が来て、
「ごめん、体調が悪くて・・・」

んで、その翌日も、店長に至急で確認しなくてはいけない仕事の内容が
入ったのに、ワンコール後即留守電・・・これって着信拒否じゃね?

そして・・・。
私が公休日の16日、店長が午後出勤でお店に来たものの、従業員出入り口
のところで意識失って倒れて救急車で運ばれました・・・。


もう、これで、私、やる気ゼロ。

はじめ、強烈なショックを受けて、何らかの持病の発作が出たのか?
・・と不安になったものの、先日の話し合いで私が話した内容は、全く反省
しなくてはならない事はなかったし、店長に考えを改めて欲しい事を言った
のにも関わらず、ショックで倒れる人なら、これからはもう何も言えない。

しかも、この事で、Mさんが店長にずっと付き添って介護してくれたのに、
Mさんが
「奥様に連絡取りますから、携帯貸してください」
と言っても意固地になってかさず、
「身体に痺れがあるから起きないでください」
と言っても起きようとし、医療経験のあるMさんの指示を全く聞き入れようと
しなかったらしい。

んで、私もお店に行く準備しながら、社長と連絡取ったりしてたんだけど、
このときの社長の会話に閉口。
べり「社長、店長、この状況だったらしばらく養生の為にお休みしてもらって
シフトを調整した方がいいと思うんです・・・」
と言ったら(私の休み返上して、店長の出勤できそうな日にちみても、10連勤
は必要だ・・・とか考えながら社長に話したんだけど)
社長の発言
「こうゆう時は、べりさんも休みを返上して1週間くらい連勤してもらわないと
いけない。こうゆうことは他でも普通にやってることですから」

・・・はぁ?

まるで私が連勤拒んでるように聞こえるし、
「大変だけど、頑張って」
というねぎらいの言葉が出てくるものではないんですか?


・・・結局、店長は問題がなく、18日の店長の公休と私の16日の公休が
差し替えになったんだけど、このことで、次の日に本社の事務のおじさん
が電話してきて、言ったこと。

「べりさん、18日に休むのはいいんですけど、一体どの休みを消すつもり
ですか?このままだと、貴方だけ1日休みが多くなるから、問題になって
くるんですよ」
「・・・私、16日、出勤しているんですけど、それでも多くなるんですか?」
「え?僕は、べりさんが16日出勤していること全く知らないんですよ!
昨日、Iさんも、夕方頃、べりさんが出勤していること知ったくらいで、何も知らなかった
んですよ。本社でシフト管理してるんですから、こうゆう事は連絡してもらわないと
いけないんです」
「私は、昨日、社長の指示で出勤したんですが?」
「僕達は何も知らなかったんです。Iさんも夕方まで知らなかったんですから。
16日は何時から出勤したんですか?」
「13時50分からラストです!」
「ラスト・・・21時ってことですね。それがわかればいいんです。あくまでも
確認の為に電話したんです」

・・・、あんた、「全く知らない」って言ったよね。なのに、昨日の夕方頃、
同じ事務所内にいたIさんは、私が出勤していることを知って驚いていた
・・・って事を知ってるんだ・・・。

矛盾に気付かないおじさんの脳、哀れ。



・・・・・・ってゆうか、もうこの会社、終わった。

私の中で、もうこの会社に求めるものが何もない。



・・・また、転職活動かよ・・・。

辛いです・・・。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。うぇぇん
[PR]
by berrypafe | 2008-07-19 10:51 | 仕事