まとめ

久しぶりに日記書く気がする・・・。

ここ数日、いろんな出来事があり、精神的に辛い事が多々ありましたが、
今ようやっと、安心して眠ることが出来る程になりました。

8日に実家へ帰省した日のことですが、高速バスに乗る直前に、保険屋
さんから連絡が入り、本家へ行く事になった旨を知らされました。

その後、保険屋さんと合流して本家へ。

当初は私も構えていたので、伯母達と顔を合わせたとき、やはりお互い
を睨みつけた目で見てしまいました(-_-;)

開口一番は、「あんたたちは、父親を置いていった!」という事が論点と
なり、お互いが思っていた事を口に出したりしましたが、その後間もなく、
父の最期がどうであったかの話を聞いたり、父の遺影を見たりした途端、
父に対する申し訳なさでいっぱいになり、伯母達に向かって素直に謝り
始めました。

また、伯母や伯父が私に言った言葉は、
「あんた達がどんなに嫌でも、血を経つことはできんとよ!」

私達は、互いに「絶縁された」と思っていたんですね。

私が素直に、父に対して申し訳なかった・・・と謝ったとき、伯母と伯父の
オーラがみるみる柔らかくなるのを肌に感じました。

そして、伯母と私の態度はみるみる氷解し(だけど緊張感は保ちつつ)、
父の遺品や、亡くなった祖母(やはりお葬式に行っていない)の話を聞きな
がら、どんどん優しい気持ちになりました。

妹や母から伝え聞いていた、伯母のこれまでの態度とは異なっていた為、
少なからず驚きました。

但し、長男の嫁だけは別で、葬式に幾らかかったとか、アレコレに幾ら
かかったとか、父の身の回りの世話(介護は養護施設の方がするけど、
洗濯とか洋服の調達などの世話)をどれだけしてきたかを真横に座って
まくし立てられました。また、家がどれだけお金がなくて大変か等々の話
まで・・・(-_-;)

最初は素直に感謝していたけど、後半は、またもや私の目がきつくなって
しまいました・・・(-_-;)

あと、父の遺骨の事についても、伯母と伯父は急がなくていい、ゆっくり
考えなさい。と言ってくれたけど、長男の嫁は、長男が入る墓に次男が
入るのは、本当は世間の常識とは外れている等々、だけど伯父が優しい
からお墓に入れてあげれた等々と言いたい放題に言われました。

しかしまぁ、長男の嫁は確かに父の世話をして、やり場の無い怒りや不満
が多々あったんだろうなぁ~・・・と思うと、やっぱり申し訳ないなって気持ち
はありました。


今回の面会の間、私は、父に入ってきた遺産の話を一切しなかったので、
保険金の手続き書類はすんなり手渡されました。
むしろ、伯母が父に勧めて入らせたかんぽ保険の保険金についても、
私達に権利書を譲ってくれました。

それに、父の遺品となった、写真や祖母の写真・・・そして、妹の結婚式
のときの写真数枚・・・。

大切に持ち帰り、その夜妹と一緒に写真を見ながら涙しました。

そうして、遺骨は私達でなるべく早く引き取って、初盆から自分達の手で
執り行おう・・・と話をし(もちろん母にも相談した上で)、翌日、遺骨を引き
取る意思を伯父に伝えました。

その後、お礼状を書く段階のとき、感謝の品も合わせて送りたいと思った
ので、私のお気に入りの明太子と、長男の嫁には、父の身の回りの世話
をしてもらったお礼として、ミキモトの小さなブローチを添えて送りました。

今朝(6月14日)、伯母より電話があり、とても嬉しかったという言葉を
貰えて、私も少し安心しました。

また、伯母からの提案で、来年が祖父の50回忌と祖母の7回忌、父の
1周忌と重なる為、来年、まとめて親戚全員呼ぶ大きな法事を執り行う
予定にしていたと聞かされました。
そして、1周忌の後に、父の遺骨を引き取った方が、親戚一同に挨拶
した後だからこそ、円満に執り行える、というアドバイス、そして、伯母
から、長男の嫁に話を事前にしておくから、後で私が本家に遺骨の引き
取りの相談をするときに、伯母さんから提案受けた事をお願いしたい、
と言えば、話もスンナリ行くと思うから・・・という心配りまで提案してもら
いました。

正直、ここまでしてもらえるとは思わず、嬉しかったし、私は伯母を誤解
していたのか・・・と思いました(しかし、まだ警戒しているけどね)

伯母が嬉しそうに優しく話してくれたので、私も今日は朝から気持ちが
良いです。

伯母との電話が終わった後、昨晩、長男の嫁から留守電が入っていた
ので、本家へ電話し、長男の嫁も、感謝品を喜んでくれていたので、
とりあえず、肩の荷が下りた気持ちです。


ただ、結局のところ、今後親戚付き合いが復活した状態になるので、
頑張らなくちゃいけないッスね(@Д@; アセアセ・・・

母とも相談しつつ、伯母と本家には、毎年、お歳暮とお中元と年賀状
を送る事に決めました。




・・・と、こんな感じで、結局は、少しは円満におさまったのかな?
父がそう取り計らってくれたのかな?

なんにせよ、父に感謝です。

ようやくベッドが買える←そこ!?


**********
今日は、とうとう(てゆうか、やっと)猫達を風呂場で洗濯しました。

ハルちゃんは、泣いて怯えてお風呂の中をウロついていましたが、
私の膝の上に乗った後は、泣いてるけど動かなくて良い子でした。
(しかし、私は服を着て洗っていたので、全身濡れましたが:笑)

ユイくんは、私の頬に両手を伸ばして、ふにゃふにゃパンチをして
きました(笑)

お陰さまでやっと、2匹の悪臭から解放ですε=Σ( ̄ )ホッ

もう間もなく毛も乾くので、その後は、おやつを少し多めにあげたい
と思います★
a0001668_13154391.jpg

[PR]
by berrypafe | 2009-06-14 13:15 | 日記