行って来ました。

面接・・・。
うう、結果は悪いと思う。
なんといっても、応接室に通されて、椅子に座った途端、「自分自身について、お話してください。」ときた。
「え?自分自身ですか?・・・・・・・・・ええっと・・・(照れ笑い)」
それから私が話したのは、自分自身というより、職務経歴を話していました。
まったく自分自身じゃない。あと、転職したら、何をしたいという部分を、うまく説明できず、「パソコンのスキルアップをしたい。」そればかりしか言えてなく、企業は、営業事務を募集して、営業事務についての考え方を聞いているのに、まったく返答できないでいました。そして、まったく違う事ばかり・・・。
面接が終わり、ふと気づいたのは、学生時代の受験時の面接のこと。コンピュータ専門学校に進学したんだけど、その学校の面接のとき、まったく違う事を話していた。本が好き。理系はまったく興味が無い。学校の時は9対1の面接で、筆記試験はほとんど白紙。だけど受かったのは、多分、コネでしょう(・・;)あと、入学する半年前から足繁くこの学校に通って先生に顔を覚えてもらったりという下地づくりもしていたので(・・;)その後、就職活動に入り、企業への面接を受けに行くも、ペラペラとしゃべりすぎて落ちてしまった(と今でも信じている)会社は数社あると思う。どうも本番に弱く、浮ついてしまい、ペラペラとしゃべりすぎる傾向にある。恐ろしい。
あぁ、32歳になっても成長していない自分を知らされて、おもいきし凹む。
ううう、転職活動、うまくいくのかな・・・。今週中に社長に退職願を提出するんだけど、実は内心怖い。ドキドキする。なんだか、辛いので、食欲がすすんでしまう。ヤケ喰いかい〜(T-T)

とりあえず、実家の「歌姫くーちゃん」見て和むことにしよう。
なんといっても、彼女、この写真のとき、本当に歌っていたんだって。(妹談)
a0001668_21154658.jpg

[PR]
by berrypafe | 2004-08-24 21:14 | 仕事