2010年 05月 11日 ( 1 )

既に終わったことではあるけれど。
派遣会社も、メリット、デメリットいろいろあるよね。
高齢化してくると、なかなか自力での職探しって
難しいから、派遣会社に頼ることで、大手の会社
に非正社員として働けたり、もしくは、そのステップ
で正社員や契約社員に繋がることもある。

良い事もいろいろあるだろうし、実際昨年は、派遣会社
のお陰で私は職に就けたので大変感謝しています。

だけど。

私の担当者は、兎に角自分が受け持つ派遣員の管理
を完全に放置プレイしている人でした。
なので、私が相談した事柄等も口先では優しく対応し
ながら放置されていたので、色んな小さな不満が塵の
ように蓄積していました。

私は、今年3月末で前職の契約更新を止めて退職しま
した。退職前から再三お願いしている次の職探し(昨年
から打診していたのに)について再度依頼すると、前か
ら条件を提示しているにも関わらず、
「べりさんは、どんな仕事がしたいですか?」
とノタマウ。
この人が担当になっている他派遣員に愚痴ると、みんな
「あの茶坊主(茶髪の兄ちゃんだったけど、その後スポー
ツ刈りしていた為)は使えないから仕方ない」と諦めてる。

それでも、4/2に茶坊主と面会したとき、私の希望する
職種の紹介が月半ばに出来ると約束してくれたので、
4月は未使用の有給休暇を消化しながら待機することに
なりました。

そうして4/15も過ぎ、20日になっても音沙汰ないので、
茶坊主に電話をすると留守電。
その後、家のポストを久しぶりに開くと派遣会社から
封書が届いている。
「?」
と開封すると、
「保険証の資格無効のお知らせ」の通知が添え状と共に
同封されているだけ。

流石の私も「プツッ!」となりました。
あんまり酷くて情けないので、派遣会社が設けている
派遣登録スタッフ用ホットラインに電話をかけ、担当者
の対応について、静かにクレームを伝えると、状況を
調べてくれ、結果として、以下の事がわかりました。

①4月は有給取得しているため、4末まで保険を適用
しておく・・という事を担当者が事務方に伝えていない。

②送られてきた資格喪失の通知は、あくまでも社内的
なものであり、実際には本手続きはしていない。

③送付した書類の中には、保険証を返却するための
返信用封筒と、退職に関するサイン書等が同封漏れ
していた。

保険証が4月末まで有効であることはわかったけど、
なんてお粗末なのでしょうか。

お詫びされ、改めて仕事の紹介をさせてほしい、と
言われたけどお断りしました。

また、このやりとりをしている間に、茶坊主から電話が
あったけど、第一声
「べりさん、何かありましたか?」
だと。
「今、あなたの対応についてクレームしてます。
もうお話することありませんので。
・・・私、4月の面会のとき、4月中に紹介可能な仕事が
見つからなければ、連絡をくださいとお願いしましたよね?」
と問うと、
「・・・はい・・・」
のひとこと。

もうお話することありません。
といって、さよならしました。

*****

派遣会社も、自分につく担当者によって、待遇に大きく差が
出ることを勉強したのでした。

派遣会社に好印象を持っていたのに。

最後に残念な結果で終わり、派遣会社に対する意識も変わ
ってしまったのでした。
[PR]
by berrypafe | 2010-05-11 12:15 | 仕事